遵守しなければならないこと

遵守しなければならないこと

小型船舶操縦者の遵守事項

小型船舶の操縦者は、航行の安全のため、次の事項を遵守しなければなりません。

1. 酒酔い等操縦の禁止

飲酒等の影響により、注意力や判断力等が著しく低下しているなど、正常な操縦が出来ないおそれがある状態で、 操縦してはいけません。

1. 酒酔い等操縦の禁止

2. 免許者の自己操縦

次のような場合には小型船舶操縦免許証を持っている人自らが船を操縦しなければなりません。

  • ・水上オートバイを操縦するとき(全ての水域)
  • ・ボート等で港則法の港内や海上交通安全法の航路内を航行(横断を含む)するとき

2. 免許者の自己操縦

3. 危険操縦の禁止

遊泳区域への不用意な進入や遊泳者等の付近で航行するなど、危険のおそれのある操縦は禁止されています。

3. 危険操縦の禁止

4. 救命胴衣などの着用

次の場合は、救命胴衣(ライフジャケット)等の着用が義務付けられています。

  • ・水上オートバイに乗船する者
  • ・12歳未満の子ども
  • ・単独乗船の漁船で漁労作業をする者

また暴露甲板に乗船している人には、船長は救命胴衣を着用させるように努めなければなりません。

4. 救命胴衣などの着用

5. 発航前の検査の実施

発航前には、航行の安全に支障をきたさないよう、燃料やオイルの量の点検、気象・水路情報等の収集、船体の状態等の検査を実施しなければなりません。

5. 発航前の検査の実施

6. 見張りの実施

航行の安全を確保するため、周囲の水域の状況や他の船舶の動向等を十分に判断することができるよう、常時適切な見張りをしなければなりません。

6. 見張りの実施

7. 事故時の対応

事故が発生したような場合には、人命救助に必要な手段を尽くさなければなりません。

7. 事故時の対応

違反した場合

遵守事項違反点数(平成28年7月1日から「見張りの実施義務違反」、「発航前の検査義務違反」が行政処分の対象となります。)

違反内容 点数 他人を死傷させた場合
酒酔い等操縦、自己操縦義務違反、危険操縦、見張りの実施義務違反 3点 6点
ライフジャケットの非着用、発航前の検査義務違反 2点 5点

行政処分基準

  過去1年以内の違反累積点数
3点 4点 5点 6点
過去3年以内の処分前歴 処分の対象外 業務停止1月 業務停止2月
業務停止3月 業務停止4月 業務停止5月 業務停止6月

※処分前歴とは、遵守事項違反等による処分又は海難審判所の採決による操縦免許に係る処分の前歴をいう。

Tips

プレジャーボート等の運航に関する罰則

違反内容 罰則の内容 罰則の対象者
有効な免許を持った
小型船舶操縦者を乗せていない
6月以下の懲役
又は100万円以下の罰金
船舶の所有者
有効な免許を持たずに
船長として乗船したとき
30万円以下の罰金 行為者
操縦免許証を持たないで
乗船したとき
10万円以下の過料 行為者
必要な船舶検査を受けないで
運航したとき
1年以下の懲役
又は50万円以下の罰金
船舶所有者・船長
指定された航行区域を越えて
船舶を航行させたとき
1年以下の懲役
又は50万円以下の罰金
船舶所有者・船長
最大搭載人員を超えて
乗船させたとき
1年以下の懲役
又は50万円以下の罰金
船舶所有者・船長
  • 3STEP 免許取得までの流れ
  • 教習所を探す